物理学を専攻している22歳です。大学院生はこんなことを考えています。


by kohno-knj
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2005年 04月 26日 ( 1 )

素粒子

素粒子のことがわかれば、この宇宙の全てがわかるのでしょうか?

答えは「NO」です。

もちろん素粒子のことがわかれば、
今までわからなかった様々なことが明らかになるでしょう。
そして人類は神の心を知ることができるのでしょう。(by S.W.Hawking)

現在の宇宙には素粒子がたくさん集まって形成された
複雑な物質があります。
我々が自身がそうです。

そのような複雑なもの理解は、素粒子を見たところで進まないでしょう。
「木を見て森を見ず」
ということです。

だから化学や生物などが大切なわけです。

ところが原子核に対しては、
素粒子の振る舞いがわかれば様々な予言ができそうです。
原子核の研究と素粒子の研究は切り離せないのです。

これはもちろん原子核の立場からの意見ですよ。
素粒子の研究には原子核のことは必要ないでしょう。

現在の素粒子理論の基礎にあるのが、
場の量子論と呼ばれている理論です。
場の量子論を勉強しようとする大学院生の多くが読むのが、
d0031806_044137.gif
M.E.Peskin他の
「An Introduction to Quantum Field Theory」


という本です。ライフログ参照。

私の所属する大学院の素粒子理論研究室でも、
この本でゼミをやっています。
そして原子核理論のメンバーもこのゼミに参加しているわけです。

ただこいつが大変なんだなー。

とりあえず、少しは原子核が解ってもらえましたか?
まぁ何となく解ってもらえれば幸いです。
[PR]
by kohno-knj | 2005-04-26 00:03 | 物理学